いわゆるフェッチ アズ グーグル【Fetch as Google】とBingとダックダックゴー

コンテンツの制作に注力するなら、Googleにササッと巡回してもらうのは必須といえる

この記事では3つのフェッチについて取り上げる。

  • Google
  • Bing
  • ダックダックゴー

記事を書いていくうちにフェッチの抽象化が酷いが、仕方ない。
ダックダックゴーはこれといったフェッチの方法が見つからなかった。

GoogleのフェッチはサーチコンソールのURL欄にアドレスを入れてインデックス

f:id:murepe:20200713200729j:plain
site:で検索してもフェッチしてないから出てこない

サーチコンソールでフェッチする

f:id:murepe:20200713200708j:plain
フェッチ①

インデックスをリクエス

f:id:murepe:20200713200832j:plain
フェッチ②

Googleのフェッチ終了

BingのフェッチはBingウェブマスターツールで行う

ダッシュボード>自分のサイト>URLの送信
でフェッチ

f:id:murepe:20200713201741j:plain
Bing フェッチ

ダックダックゴーのフェッチ

ダックダックゴーは、独自のクローラーがいて、フェッチが必要ない。

でもフェッチしたい

今のところ瞬時にフェッチされているのは大手や、大量のアクセスがあったものがインデックスされているのを確認している。

具体的に言うと楽天ブログはグーグルnewsに個人で取り上げられることが少なくないが、これは高速でインデックスされるようだ。
Googlenewsに取り上げられていない楽天ブログはダックダックゴーにインデックスされているのは少ないようだ。

そんなわけで、フェッチが効かないという事になるのだが、インデックスのスピードを上げるために自分はYandex.Webmasterでフェッチする。
やってみたもののはてなブログではうまくいかなかった。

ワードプレスだと知識ないなりに何とかなったんですけどね。


はてブつけるのが有効かもしれない。

f:id:murepe:20200708190902p:plain
フェッチ